新しい醸造所

ホーム新しい醸造所

新しい醸造所

醸造所の建設

2017年まではヤマソービニオンは山口県山陽小野田市の山口ワイナリ~に、シャルドネは山口ワイナリ~と2016年発足の福山ワイン工房に委託醸造しておりました。葡萄の収穫量が少ない時はそれもいたしかたないと思っておりましたが、収穫量が3tを越えてきますと、収穫畑も、収穫時期も一度にという訳にはなりません。採りたての葡萄をすぐ除梗し圧搾するというのが、ワイン作りの一つのセオリーでもあり、幸い北広島町が果実酒の特区認定をうけており、小規模な醸造所なら建設できるめどがたってきたので、からしろ館の横に醸造所を作ることになりました。

特徴は重力式レイアウトのワイン醸造所です。液体の移動にポンプを使用しません。
高低差を利用する構造です。
地下基礎底盤部分です、かなり頑丈そう
外壁は厚さ30cmのコンクリートです。
やっと外構中庭生コン打ちました。
除梗作業場の屋根工事中です。
お問い合わせ